読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガで看護師国家試験にうかーる。

看護師国家試験に役立つ知識を覚えやすいマンガや語呂合わせで紹介していきます♪

膵島ホルモン(ランゲルハンス島)・グルカゴン、インスリンの覚え方。「グリコで蛋白絞れ!・缶グリコで血糖上がる」で覚えてみよう。

内分泌・栄養・代謝疾患

スポンサーリンク



膵島ホルモン主な作用の覚え方を紹介するイラスト

 

膵島ホルモン(ランゲルハンス島)とは?

膵臓内部にある細胞の集まりで、島の形状をしているます。ちなみに読み方は「膵島=すいとう」となります。

 

この細胞からA細胞「グルカゴン」とB細胞「インスリン」というホルモンが分泌しています。A細胞「グルカゴン」とB細胞「インスリン」それぞれの作用も覚えていきましょう。

 

A細胞「グルカゴン」の作用

肝グリコーゲン分解、血糖を上げる。

覚え方 ⇒ 缶グリコ(肝グリコーゲン分解)で血統上がる(血糖上昇)

 

B細胞「インスリン」の作用

グリコーゲン、蛋白、脂肪の合成を促進する。

覚え方 ⇒ グリコ(グリコーゲン)で蛋白(蛋白)絞れ!(脂肪)

 

これでA細胞「グルカゴン」とB細胞「インスリン」のそれぞれの作用も覚えることができます。両方一緒に覚えられたら効率的ですね。

 

A細胞がグルカゴン、B細胞がインスリンという関係性も一緒に覚えられたら理想的です。

 

f:id:sibakiyo:20150423160126j:plain

         ♪♪Androidアプリも出ました♪♪
         f:id:sibakiyo:20160110211927p:plain
          ⇒ アプリの内容はこんな感じ☆

 

         ↓看護学校の3年間を詰め込んだコミックエッセイ発売中♪

         


         古本買取トラノマキ査定申込み


本ページ記載の内容はイラスト・文章に関わらず無断転載・転用は禁止です。