マンガで看護師国家試験にうかーる。

看護師国家試験に役立つ知識を覚えやすいマンガや語呂合わせで紹介していきます♪

在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要となる主な疾病の覚え方。「黒で短調な悪い長官。」で覚えてみよう。

スポンサーリンク



在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要となる主な疾病解説イラスト

在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要となる主な疾病

在宅中心静脈栄養法とは、口から栄養を摂取できないときに利用される中心静脈栄養法(TPN)を在宅で行うものです。

 

略称は

H→HOME(在宅で)

P→Parenteral(非経口)

N→Nutrition(栄養)

から来ており、“HPN”となります。

 

在宅中心静脈栄養法は、在宅で中心静脈栄養法を行えるため患者のQOL向上に寄与しますが、トラブルや合併症を避けるために患者と家族への十分な訓練、指導が必要となります。

 

在宅中心静脈栄養法が用いられる主な疾病は次のとおりです。

・短腸症候群

・クローン病

・悪性腫瘍による腸管機能不全症例

 

試験対策としては、上記の知識と中心静脈栄養法の基礎知識と共に覚えるようにしましょう。

在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要となる主な疾病の覚え方は?

在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要となる主な疾病の覚え方イラスト

在宅中心静脈栄養法は、(クローン病)で短調(短腸症候群)な悪い長官(悪性腫瘍による腸管機能不全症例)。

 

以上で、在宅中心静脈栄養法が必要となる主な疾病を覚えることが出来ますよ。元の疾病名がちょっと長いものもあるので、覚えにくいと思いますが思い出すためのとっかかりとして語呂を使ってみてくださいね。

 

f:id:sibakiyo:20160118220336j:plain

         ♪♪Androidアプリも出ました♪♪
         f:id:sibakiyo:20160110211927p:plain
          ⇒ アプリの内容はこんな感じ☆

 

         ↓看護学校の3年間を詰め込んだコミックエッセイ発売中♪

         


         古本買取トラノマキ査定申込み


本ページ記載の内容はイラスト・文章に関わらず無断転載・転用は禁止です。