読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガで看護師国家試験にうかーる。

看護師国家試験に役立つ知識を覚えやすいマンガや語呂合わせで紹介していきます♪

精神科の入院形態4種類の覚え方。「応急入院・措置入院・医療保護入院・緊急措置入院」を覚えてみよう。

精神看護

スポンサーリンク



精神科の入院形態4種類の解説イラスト

精神科の入院形態は?

精神科の入院形態として国家試験対策として重要になる4種を以下紹介していきます。

 

・応急入院…72時間に限り入院できる。

・措置入院…自傷他害の恐れがある患者で、医師2名の診断に基づき入院となる。

・医療保護入院…保護者又は扶養義務者の同意で入院させる。

・緊急措置入院…自傷他害の恐れがある緊急性が高い患者で、医師1名の診断に基づき入院となる(ただし、72時間以内にもう1名の医師による診断も必要)。

*診断する医師は精神保健指定医である必要がある。

 

精神病の患者を強制的に入院させる規定は精神保健福祉法に基づいています。人権侵害に繋がる恐れもあることから、法律により厳格に規定されています。

 

なお、その他に患者が自発的にする入院として「任意入院」という形態もあります。こちらは言葉そのままで記憶しやすいので、紹介を省略しています。

 

入院形態の覚え方は?

・応急入院 → オーキュー!(応急)何人(72時間)入院?

・措置入院 → そっち?(措置)自称迷惑(自傷他害)なDr2人(医者2名)

・医療保護入院 → 保護不要(保護者・扶養義務者)の同意

・緊急措置入院 → そっち?(措置)自称迷惑(自傷他害)なDr1人(医者1名)

 

これで重要な4形態をまとめて覚えてしまいましょう。

 

f:id:sibakiyo:20150616175411j:plain

         ♪♪Androidアプリも出ました♪♪
         f:id:sibakiyo:20160110211927p:plain
          ⇒ アプリの内容はこんな感じ☆

 

         ↓看護学校の3年間を詰め込んだコミックエッセイ発売中♪

         


         古本買取トラノマキ査定申込み


本ページ記載の内容はイラスト・文章に関わらず無断転載・転用は禁止です。